2015年11月 中途入社宇都宮 紀陽NORIAKI UTSUNOMIYAエンジニア
現在のお仕事内容をお聞かせください。

データソリューションスタジオ(通称:DSS)を2017年に発足させ、検索技術ソリューション提供の推進と共に、その技術を転用した新規プロダクトの開発推進や、カスタマー向け課題解決サービスの監修などをしています。

入社のきっかけと、どのような期待をお持ちだったかを教えてください。

“KDDI子会社のmediba、アドテクベンチャーのスケールアウトを買収” というTechCrunch の速報を見て、現取締役CTO である山崎さんと、ヤフー在籍時に広告のデータ分析業務に従事したご縁でコンタクトをとり、進化を遂げたアドテクを覗いてみたいと思い、話を聞きに伺いました。がしかし当時私が検索サービスの開発に携わっていた事もあり、mediba とau Web ポータルの検索基盤を作る一大プロジェクトを任せたいと言う話になったんですね。

入社後のイメージ通りだったもの、そして想定外だったものを教えてください。

Supership というより、統合前のスケールアウト入社後のイメージ通りだったかどうか、という事になりますが、入社が決まる前にポータルやスマパスサービスなどを一通り使ってみて業務分析しました。サービスとして前職のサービスと比べて使いづらいと思っていたので、きっと社内に知見をもって推進しているような人材が、開発、ディレクション組織において不在なのだろうなと憶測を立てていました。そのため入社後は、開発に留まらず事業を推進して成功体験を築いていければイニシアチブやそれ相応の発言権などが獲得もできるだろうとは思いましたね。その当時は、mediba 配下で働いていたためCTO 職はなく(入社後山崎さんが一時期就任しましたが)そこまでいけるのではないかと思いJoin しました。結果、現在の役職の前の組織でも部門CTO という役割で仕事をさせてもらっており、現在もDSS内では、CTO的役割で働けていると思っています。想定外なのはM&A が何度も続いて会社の流れが急速に変化していった事ですね。結果的に、個人として推進したい事業はもちろん、それ以外にもスタジオ長のミッションとして全社視点で、幅広い事業領域に取り組んでいます。

あなたのまわりの、“Super”な人を教えてください。また簡単にそのエピソードを教えてください。

私と共に、検索サービスに携わる開発メンバーの面々ですね。ある程度技量を見越した上で「こういう理由でこういう事がやりたいんだけどこの程度の時間で開発できるかどうか?」という打診をする事が多いのですが「既に用意している」「そう言うと思ってもう作ってある」などとても高速なレスポンスで応答してくれます。見ている方向が同じなのでcall & response が低レイテンシで実現できるのは非常に助かっていますね。

あなたの“Super”なところを教えてください。

自身のSuperなところを客観的に判断すると、私も長年エンジニアとして一線で開発業務を遂行してきてるのでその経験から案件における必要になりそうな技術選定やアーキテクチャ、メンバーの力量(得意な事、苦手な事、思考性)を判断し、メンバーのパフォーマンスを最大限発揮できると思うプロジェクトにアサインする。そうすると、そのプロジェクトは軒並み成功もしくは成長しているので、そういう采配能力が突出しているのではないでしょうか。

最後に、これからSupershipを受けようと思っている方々に一言、自由にお願いします。

これは個人的な意見ですが、インターネット企業の流れは鈍化する事なく年々日々物凄いスピードで変化していき、会社という単位で紐づけて働くのではなく、『いかに面白そうか』、『興味深いプロジェクトを行なっているか』という単位に紐づいて働いていく事が、今後の人生戦略を考える上でも望ましいと感じています。私自身そういう考えを常にもって働いていますので、いかに一緒に働くメンバーが飽きずにやりがいを継続できるプロジェクトを構築していくか?という事が大事だと思っています。そういう意味で、当社はKDDI のグループアセットを最大限活用してチャレンジングな事をしていますので、興味があればぜひ一度話を聞きに来ていただければと思います。

貴方にとってSupershipとは?
宇都宮 紀陽2015年11月 中途入社 / スタジオ長

2001年ヤフー株式会社入社後、データマイニング業務に従事し分析基盤の導入・機能開発を担当。のちヤフー検索のコアコンポーネント開発やYST からGoogle への検索エンジンの切り替えを担当。2013年株式会社スケールアウト入社後、検索事業を立ち上げau Web ポータルの検索プラットフォーム構築をリード。会社統合した現在では、KDDIグループ内外問わず自社で保有する検索技術ソリューション(S4)の提供を推進。

所属部署 / マーケティングテクノロジー事業
データソリューションスタジオ

Recruit

Supership株式会社では現在、各ポジションで募集を行っています。

Entry
Page top