2018年6月 中途入社藤井 正俊MASATOSHI FUJIIエンジニア
現在のお仕事内容をお聞かせください。

主にスマートフォンにデジタル広告を配信するAd Generationというサービスの配信サーバーの開発をしています。様々な広告事業者(アドネットワーク)と連携して、Ad Generationでより多くの広告が配信できるようにするための機能拡張や、サーバー/ログ分析の基盤整備など安定して広告配信ができるような取り組みをしています。
デジタル広告はリクエスト量が膨大であり、月間数百億単位のアクセスを受けています。また、リアルタイムに広告を返す必要があるため、ミリ秒単位で適した広告をレスポンスとして返す必要があります。シビアに性能が要求される分野であり、どの広告を返すかの選択肢によって売上も大きく変わります。技術によって売上に大きく貢献できる、やりがいのある分野です。

入社のきっかけと、どのような期待をお持ちだったかを教えてください。

前職でも技術職でしたが、売上管理やソフトウェア開発会社の管理、お客様へのソフトの紹介など様々な仕事をしており、技術に特化して仕事をしているとは言えない状況でした。さらに安定した社会基盤システムのためではあるのですが、使用される技術が古いものであり、最新の技術から遠ざかっていると感じていました。
また、以前から業務外でも技術を磨くようにしており、そのプログラム技術を活かして個人のサイトを作成して広告収入等を得ていました。そこでの体験からデジタル広告に「最適な人に最適な情報を提供する」「人と人を繋ぐ」力があると強く感じていました。
最先端の技術に触れ合いたい、自分の技術によりデジタル広告の「繋ぐ力」を強化したいと言う思いからSupershipに入社しました。

入社後のイメージ通りだったもの、そして想定外だったものを教えてください。

イメージ通りだった事は、新たな技術に取り組めた事です。Scalaを使った開発という要員で入社させて頂きましたが、そのような制限なく多くの最新技術やプログラムを使用した開発に取り組めています。多くの技術を扱うという点や、技術的な業務に特化して仕事ができるという点では、当初のイメージ以上の経験が得られたと思っています。
想定外というより想定以上だったのは、社内/社外問わず事業や連携が超高速であることです。前職では何をするにしても、稟議としての上司の許可が必要でした。またその稟議のメールを書くにも社内の文化に従う必要があり、一苦労です。それがSupershipではすべてが一瞬で終わります。全員が責任者の事業部長との距離が近く、何を決めるにも即決です。その決定により営業さんが外部と即時に連携していく。以前なら社内調整や社外との交渉で時間がかかっていたことが、今では即日で決まります。誇張なく以前と比べて100倍くらいの体感速度です。そのスピードに負けないように、自分も日々努力して仕事をこなしています。

あなたのまわりの、“Super”な人を教えてください。また簡単にそのエピソードを教えてください。

同じ広告配信チームにいる先輩社員です。以前の職場では各者の「仕事の領域」を決めて、その間で仕事を押し付け合うような空気があり、そのために口を動かすが手を動かさないという「有言無実行」の人も多かったです。そういった環境では、ある意味で周りを疑ってかかる「性悪説」的に考えて行動しなければならず、すごく嫌でした。
しかし、その先輩は逆の「不言実行」で行動しています。自分の仕事の領域は当たり前にこなし、領域以外の範疇でも積極的に何も言わずに取り組んでいるのです。自分の目標である「口を動かす前に、まずは行動を」という事が、当たり前のように実現されていました。
その方だけでなく、Supershipでは社内全員が連携/協働して動いており、まさに「性善説」的に行動できる環境となっています。環境によってここまで人は変わるんだと驚愕しました。「皆で協力して戦う」というSuperな雰囲気がSupership内では根付いていると思います。

あなたの“Super”なところを教えてください。

技術の習得が大好きであり、柔軟に意欲的に取り組んでいけることです。前職とはプラットフォームも言語も違う環境になりましたが、この「技術を習得するのが大好き」という特性を活かして全く知らない分野でも積極的に取り組んでいき、既存資産(プログラム等)を読み解いていきました。その結果、多くの技術要素/コンポーネントを理解し、今ではほとんどの領域を理解して操れるようになれています。当初は知らない事が多く不安でしたが、今ではそれが自信に変わっています。
Supershipでは選択する技術ややり方は自分次第です。ですので自分の得意な分野/言語に持ち込む事も可能です。やはり技術の選択肢が多ければより良い解決を導ける可能性も高まります。Supershipでは、新たな分野に取り組むことが推奨されている環境であり、各々が成長していける環境が整っていると感じます。今後もこの環境で成長をしていき、よりSuperになっていきたいと考えています。

最後に、これからSupershipを受けようと思っている方々に一言、自由にお願いします。

Supershipは「大企業」と「ベンチャー」の良いとこ取りを実現した他にはない特性を持ったハイブリッドスタートアップです。社内の動きはまさにベンチャーであり、各々が自由な発想でスピード感を持って仕事をしていく事が可能です。にも関わらずKDDIの下で安定的な環境で働くことができ、お客様にも信頼のある安定した事業を進めていく事ができ、そのため、社員も安心して働くことができます。この2つの良いところにより、仕事とプライベート、両面から充実した生活がおくれる環境が整っているのがSupershipだと思います。

貴方にとってSupershipとは?
藤井 正俊2018年6月 中途入社 / Ad Generation開発担当

大学/大学院で情報/AI系の分野を専攻。その後大手SIerに就職し、社会基盤システムの技術支援部門に従事。社内独自の基幹アーキテクチャーにおけるハードウェアの構成支援、性能トラブル対応、ソフトウェア開発の担当などを行い、最終的に数少ないアセンブラマスターに。
業務外で行っていたサイト構築等をきっかけに、一転してSupershipでは最新技術分野の広告配信(SSP)事業のサーバー開発を担当中。

所属部署 / マーケティングテクノロジー事業
アドテクセンター

Recruit

Supership株式会社では現在、各ポジションで募集を行っています。

Entry
Page top