2018年4月 中途入社河合 麻利子MARIKO KAWAIトレーダー
現在のお仕事内容をお聞かせください。

ScaleOutやSNSのデジタル広告運用を行っています。具体的には、認知拡大や商品の購入などの目標達成に向けた運用調整、代理店担当者に向けた施策提案が主な業務内容で、運用調整では既存案件の運用方法を参考にするなど、チームミーティングの際に情報交換を行うことで、常に運用スキルの向上に努めています。運用する案件の種類も様々で、ミーティングでは毎回新たな発見があり、良い刺激を沢山受ける事ができています。
また、案件の運用中や終了後にはレポートを作成し、配信結果に基づいて次回もご継続いただけるよう新しい配信手法等の提案も積極的に行なっています。Supershipが保有する様々なデータと、ターゲットの組み合わにより、幅広い提案をする事により案件の継続に繋がった時には非常にやりがいを感じます。

入社のきっかけと、どのような期待をお持ちだったかを教えてください。

広告業界は、学生時代から興味のある業界でした。縁あって前職の金融機関に就職し、人の役に立つというやりがいもありましたが、企業としての規模が大きく、現場の意見が商品やシステムに反映されることは殆どありませんでした。そんな中、新しいことに挑戦したいと思った時に出会ったのがSupershipです。成長中のデジタル広告という業界に惹かれ、複数の会社を紹介された中で、社内の結束力や膨大なデータをはじめとする多くの魅力的なプロダクトに強い関心を持ちました。また、商品面だけでなく、面接をするにあたりホームページに掲載されているビジョンを拝見し、共感する部分も多かったのがきっかけです。実際の面接でも、お会いした方々が、そのビジョンを体現するような方ばかりで、この会社に入りたいという気持ちが一層強くなりました。入社後は同じチームで働くこととなり、現在も共に課題に取り組んでいますが、Supershipに入社してよかったと心から思える素敵なメンバーです。

入社後のイメージ通りだったもの、そして想定外だったものを教えてください。

面接官の方々の持つ和やかな雰囲気と同様に、配属先もフラットで明るい雰囲気のチームでした。チームは少人数かつ様々な経歴のメンバーで構成されており、活発な意見交換が行われています。また、入社前の説明にあった通り、フレックス制度をはじめとする各種制度を利用することで、良好なワークライフバランスを実現できています。一方想定外だったこととしては、考えていたよりも個々人の意見が採用されるという点が挙げられます。前職は社員数も多く、またシステム系統はグループ会社が運営する等「こうした方がよくなる」という現場の意見が実際の業務フローに活かされることはほとんどありませんでした。Supershipでは、現場とそれぞれの開発チームの距離感が近く、スピーディーに現場の意見を反映される仕組みが整っていることに非常に驚きました。

あなたのまわりの、“Super”な人を教えてください。また簡単にそのエピソードを教えてください。

私の所属するグループのリーダーは”Super”まとめ上手な人です!様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まっているチームですが、それぞれの得意とすることを活かしつつ、チームとしてひとつの目標に向けて進んでいけるよう常に分かりやすく課題を示してくれます。繁忙期でも、メンバー個々人の状況を見て声をかけてくれるなど、ひとりで問題を抱えないようフォローがあるため、安心して仕事ができます。また、社内他部署とのやりとりをする際にも、チーム内の状況を鑑みた上で交渉を進めてくれます。持ち前の人当たりの良さもあり、最終的に両部署が納得出来るように調整出来る力はとても尊敬しており、自分の目標でもあります。

あなたの“Super”なところを教えてください。

どんなことでも途中で投げ出さず、最後まで責任を持って取り組めるところでしょうか。プロダクトのことは勿論、業界の共通認識や用語、非エンジニアにも求められる基本的なweb関連の知識など、異業種からの転職ではじめは分からないことだらけで、様々な困難に直面しました。しかし、持ち前の根気に加えて、Supershipには心強い味方が沢山います。チーム内外問わず勉強会の開催や自作資料の共有など、多くの場面で力を借りる事が出来ます。はじめてのプロダクトを利用する時は特に緊張しますが、自分ゴトとして捉え諦めずに完遂する事で、達成感を感じます。新しいことに挑戦する中では苦労することもありますが、その経験が次に同じ挑戦をするメンバーの役に立てた時も嬉しく思います。

最後に、これからSupershipを受けようと思っている方々に一言、自由にお願いします。

Supershipは日々めまぐるしいスピードで進化しています。入社して1年ほどになりますが、システムも、データも、人も、当時と同じものはひとつとしてありません。常にクライアントにより良いものを提供しようと会社全体で取り組んでいます。尊敬出来るメンバーと切磋琢磨しながら自身のスキルを磨き、その結果として会社の成長に寄与することが出来る環境が整っています。

貴方にとってSupershipとは?
河合 麻利子2018年4月 中途入社 / トレーディングコンサル

損害保険会社での6年間の勤務を経て、Supershipに転職。前職では主に、契約申込書は「紙」ベースでおこなうアナログ文化だったが、Supershipでは主に「データ」を扱う部署に配属。業務に慣れるまでは驚きの連続に。現在は、チーム内外問わず様々なメンバーとのコミュニケーションやスキルアップにより、広告のトレーディング部署で活躍。

所属部署 / マーケティングテクノロジー事業
ADPF推進部 コンサルティングG

Recruit

Supership株式会社では現在、各ポジションで募集を行っています。

Entry
Page top